税別 税抜 違い

消費税・・・2019年10月に10%になることを考えると、憂鬱になっちゃいますけど、素朴な疑問について調べました。

税別と税抜、どう違いがあるのか・・・。

結論からすると「意味の違いは無い」ようですが、消費税が今の8%に上がる際に、財務省が出した価格表示方法のガイドラインによれば、

  • ○○○円(税抜き)
  • ○○○円(税抜価格)
  • ○○○円(税別)
  • ○○○円(税別価格)
  • ○○○円(本体)
  • ○○○円(本体価格)
  • ○○○円+税
  • ○○○円+消費税

というように、表示についてはルールが設けられたようですね。

店内の個々の値札には税抜価格を表示して、目立つ場所に「当店の価格はすべて税抜表示となっています」と誰にでも分かり易く掲示する方法もOK。

チラシやカタログなんかも「本チラシ(カタログ)の価格は税抜表示となっています」と書かれているはずです。

見本が「税抜」で表記されたんで、使われやすいと思いますが、税別でも差支えないって話で、要は消費者が価格に対して誤解を招くようなことはダメよということでしょう。

消費税は浸透しちゃってるので、誤解は少ないと思いますけど、問題になってるのは、

単品購入かと思ったら定期コースの契約で、しかも一定期間購入し続けないと解約出来ない

っていうね、健康食品とかサプリとかの通販あるある。

とにかく文字が小さいので見逃しがちですし、極端に安い価格を表示してるから誤解しちゃいますよね。

初回は980円で翌月は9,800円となります、なんて平気で書かれてたりするので、しっかりチェックです。

ちなみに、この健康食品は珍しく定期コースと言いながらも、いつでも休止・変更ができるとハッキリ書いてます。

すこやか工房ゲンキウコン

価格自体が良心的過ぎる気がしないでもないですけど(笑)、税別、税込の表示もわかりやすくて、好感が持てます。

error: 右クリックは出来ません