定額小為替の換金方法

ちょっと前ですが、定額小為替なるものが届きました。
相続系の手続きの書類の中に入ってまして、多分、お金に換えることができるモノであるとは何となく想像出来たんですけど、初めて受け取ったので換金方法がわかりませんでした(汗)

貴重な体験だったので、定額小為替の換金方法を備忘録として書き留めておきます。

枠線で囲まれた「指定受取人おなまえ」欄が空白ですが、事前に名前が書かれているケースもありますので、ご注意を。

まず、「おところ」「おなまえ」をそれぞれ記入します。
印鑑は認印で良いですが、押し忘れの無いようにしましょう。
印鑑を忘れた場合は、免許証や保険証などの身分証明の提示を求められますので提示します。

換金方法は以上です。

とても簡単ですので、もし、定額小為替が届いたら参考にしてみてください。

最悪は郵便局に行って「コレどうしたらいいんでしょう?」って尋ねると早いかも(笑)

定額小為替とは、ということについて、もう少し書いておきますね。
郵便小為替と言う人もいるかもしれません。

額面は1,000円となってますが、その他に、50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円があり、全部で12種類。

郵便局(ゆうちょ銀行)で送金額と手数料100円(全金種共通)を添えることで発行することが出来ます。
便利な点は、普通郵便で送れること。

定額小為替の使い方の例を挙げると、今回の件で言えば、

  • 印鑑登録証明書の交付手数料
  • 書類を返送する郵送料

を同封した定額小為替で費用をまかなってくださいということでした。

一般的な使い道は、ちょっと思いつきません(汗)

ちなみにコンビニでは購入できません。

定額小為替は「通貨代用証券」で勘定科目上「現金」ですが、現金を現金で購入という仕訳はないので、帳簿には何も書かないということになります。
手数料は「支払手数料」になります。

error: 右クリックは出来ません