エクセルの置換作業が早くなった

日常的にエクセルを使用していますが、程度としては初級と中級の間ぐらいと
自己採点しています。

マクロは組めないけど、ちょっとした関数は使える程度ですね。

しかし、まだまだ未知な部分が多いのも事実。
特にショートカットは便利だなと思ったのも最近です。

「検索」のショートカットであるCtrl + Fは、重宝していますが、ここ数日
置換作業が多くて、いちいち検索を立ち上げてからマウスで「置換」タブを
クリックしていました。

一発で「置換」の画面にならないものかと調べたら、あっさり見つかりました。

Ctrl + H

置換のショートカットです。

ものすごくストレスが無くなりました。
何でも疑問を持たないとスキルがアップしませんね(汗)

ついメニューの中を探してしまいますね。

ここでなぜ、置換作業が多くなったのかを、一応書いておきます。

ズバリ、フォルダの中にあるファイルをリスト化することにしたんです。
いやいや、すでにリスト化されてるじゃないか、と考えるのは至極真っ当です。

しかし、私の場合はファイル名が

  • 一貫性や規則性が無いのでソートが無力化
  • 内容がパッと見てわからない

という最大の欠点がありまして、自分のパソコンなのに欲しい情報まで
辿り着くまで時間がかかるという情けない状況になっていました。

時間は掛かりますが、大掛かりなフォルダ内部の整理をしているんです。

フォルダの中にあるファイルの名称を、エクセルにカチカチとコピー。
これが最初、出来なかったんです。

フォルダ内のファイルを全選択して右クリックしても、ファイル名のコピーは
出来ませんから、1ファイルずつ手書きするしかないのかと絶望しかかりました。

一応検索してみると、全選択した後に、シフトキーを押しながらクリックすると
パスのコピーってのがあります。
これを選んでエクセルなどにペーストすると、各ファイルのフルパスが表示されます。

不要なパスの部分を置換で削除すればファイル名のリストが完成します。

なんだか感動しましたよ(笑)

このような少々非生産的な作業のために置換が増えました。

今やっておかないと、ますますパソコン内部の資料の取り出しが難儀なので、
確定申告と同時並行でやっています。

ああ、確定申告・・・。

平成30年度(2018年度)の確定申告は、2019/2/18 – 2019/3/15までです。

ちょっと急ごうかな(汗)

error: 右クリックは出来ません