免震構造と耐震構造どちらが強いか

大阪の地震で被害を逃れた知人が聞かせてくれた貴重な話です。

大阪で事業を営んでいて、半日近く生存確認が出来ませんでしたが、無事だったようでホッとしたことは、まだ覚えてます。

高層マンションの自宅では地震と気付かず、テレビで「揺れたのか・・」と思ったそうです。

なんてのんびり屋さん・・・。

本人が鈍いのではなくて、マンションの免震構造がそうさせたようです。
免震構造の威力と、未知なる、そして予期せぬリスクにコストをかけておいて良かったとも。

何せコップ1個も割れてないって言ってんですから。

よく聞くのは「耐震構造」ですが「免震構造」と、いったいどっちが地震に強いのか、調べてみました。

  • 耐震構造・・建物の部材などを強化し揺れに対して倒壊しないようにようにする
  • 免震構造・・基礎と建物の間に地震のパワーを受け流す機構を組み込む

どちらが強いのかという視点ではなく、どう地震の揺れに対応するかがポイントでした。

マンションに免震構造があるなら、相場としては割高になるんだそうです。
中古マンションでも免震構造があれば、それなりの価格でしょうし、逆に売却する際は、高値で売れると思っていいでしょう。

さらに地盤が固いエリアなら、尚更、安全なわけですから、マンション選びについての考え方も変わってきます。

error: 右クリックは出来ません