バリウム検査の前日

健康診断でバリウム検査の前日って、絶食ですよね。

病院から配布される注意書きは、絶食については書かれてることが多いのですが、水分補給などについては触れられてない事が多い印象。

奥さんが人間ドックを受診するんですけど、胃部バリウム検査があるので、食事は前日の21時までにと記されています。
で、「水も飲んではダメなのか」と聞いてきたので、サクッと検索。

何件か病院のウェブサイトなどを見てみると、

  • 前日21時以降も、水、お茶、白湯であれば摂取して構わない
  • 朝目覚めた時もコップ1杯程度なら水分補給可能
  • 特に夏場は水分を奪われるので検査の2時間前までは小まめに水分補給を推奨

という感じです。

※詳細は受診する病院で聞くことがベスト。あくまでもネット上の調査結果。

水分補給しないと、検査データで異常値が出る事があるらしく・・・。
特に夏場の検査では、一番注意すべき事として、熱中症予防の観点からのようです。

カラカラの状態でバリウムを飲むのは、ちょっと抵抗ありますよね。
ただでさえバリウム飲んだ後は「出ない」「下剤が嫌だ」という声が多いのに・・・。

もうちょっと検査の仕方も改善されないもんなのでしょうか(汗)

私も胃部バリウム検査と内視鏡(胃カメラ)については、考えただけでストレスが溜まって具合が悪くなる性質です(汗)
なので胃がんリスク層別化検査(ABC分類)なら、大丈夫かなあ。

胃がんリスク層別化検査(ABC分類)とは、

  • ピロリ菌感染有無
  • ペプシノゲン値測定

によって、将来の胃がんリスクを層別化する検査です。

内視鏡(胃カメラ)やバリウムのように、すぐに胃がんの有無は分からないものの、どうしても従来の検査が苦手な人は、胃がんリスク層別化検査(ABC分類)をしているクリニックなりを探すと良いですよ。

苦しくない、辛くない、胃の検査を設けている医療機関、全国に結構あります。

人間ドック・検診 検索

気が向いたら予約もできるので、まず、どういう検査をするのか、料金も全て記載されてるので、ゆっくり見るにはいいサイトです。

私がそもそもバリウム検査に後ろ向きなのは、バリウム検査で深刻な事故が多発しているという事が耳に入ってしまったから。
胃がん発見率も内視鏡の3分の1という精度のようです。

NEWSポストセブンの記事では、バリウム検査の問題点が指摘されていますよ。

 国が推奨する公的な「集団がん検診」には、大きな問題が隠されている。発見精度が低く、見落とし、見逃しが各地で多発しているのだ。中でも死亡数が多い胃がん検診で実施される「バリウム検査」には問題点が多いと…

読むと長いので掻い摘んで説明すると、問題点は4つ。

  1. ピロリ菌感染者以外はムダ
  2. 事故リスク
  3. 被曝量の多さ
  4. 低い発見率

早期発見のために集団がん検診を、というのが職場などの謳い文句ですが、実際は、

検査で発見される3割は進行がんだった、という調査がある。

NEWSポストセブン

残りの7割は早期がんということになりますが、

胃を全摘するケースから、内視鏡で胃粘膜を剥がす軽い処置で完治するケースまで、幅広く含まれている。

NEWSポストセブン

これって怖くないですか?

とどめは、

新潟市の胃がん検診では、バリウム検査よりも内視鏡の方が、発見率が3倍も高いことが実証された。

NEWSポストセブン

さらに書き出すと、

2014年、WHOの研究機関・IARCは、「ピロリ菌のスクリーニング検査、および除菌治療を行うことを推奨する」と勧告した。

NEWSポストセブン

WHOの勧告は完全無視ですか?
ということですよね、ほとんどの自治体がやってるバリウムの胃がん健診。

胃がん患者を調べた研究では、99%がピロリ菌感染者と判明した。

NEWSポストセブン

私は会社員時代も自営業者となった今でも、職場や自治体が勧めているバリウム検査は、一度たりともやったことはありません。
どう考えても「おかしい」と思ったからです、医学のド素人ですけど。

付き合いのあった経営者さんも同様の考え方で、ピロリ菌に感染した際、薬で駆除できたそうですが、バリウム検査で発見したわけではく、尿素呼気試験だったそうです。

尿素呼気試験とは、検査用の薬を飲んで、専用の容器に息を吹き込んで呼気を調べる検査。

バリウム検査よりも随分と楽ですよね。

無料という事にだけつられてリスクの多いバリウム検査よりも、きっちりと医療費を支払って尿素呼気試験などの効率的で楽で確実性の高い検査を受ける方がマシですね。

やさしい胃がん検診の実施機関を探す

error: 右クリックは出来ません