エアコンクリーニングは分解洗浄がおすすめ

去年の7月にエアコンを新調しました。

カビと異臭対策に、これまでは市販のエアコン洗浄スプレーを使ってましたけど、どうも気休め程度だったような気がしたので、クリーニングについて、どうしようかと考えてました。

なぜかと言えば、一番、カビまみれになっているであろう内部のファンに、洗浄スプレーが届いたことが無かったからです。

ライトを照らしながらファンを送風口から見ると、全然、きれいじゃないんです(汗)
手が届く範囲で拭き取ると、タオルはすぐに真っ黒・・・。
一部の手探りな拭き取りでエゲツナイ黒さだったので、市販の洗浄スプレーでは限界があると痛感したワケです。

来シーズンは、プロの洗浄を体験したいと思いました。

出来れば分解して洗ってくれる業者に。
壁にエアコンを取り付けたままビニールを張り巡らして洗浄して、黒い水を見たところで、内部のファンがきれいになったかどうか、わからないじゃないですか。

それなりの金額を払うなら、きっちりと中身までピカピカである事を確認したいのです。

時間制限のある洗浄もNG。
「2時間の作業で10,000円」よりも「中のファンまでピカピカにするので20,000円」と倍の対価を払っても、その価値があるはずです。

実際は、なかなか分解して内部のファンを取り出して洗浄するエアコンクリーニング業者って少ないんですよね。

持ち帰るにしても、その場でやるとしても、

  • 取り外し
  • 分解
  • 洗浄
  • 組立
  • 取り付け
  • 運転テスト

通常洗浄より工程が増えるし作業時間も長くなるし、1日に何件も出来ることではないと思います。
業者としては回転が悪いので、採算性がよろしくないことも想像できます。
しかもエアコンを分解、組み立てる技術って、簡単なことではないはず。

まあ、我が家にとっては、エアコンクリーニングは来年以降のことですから、急がないんですけど、既に4.5年経過して、運転中にヘンなニオイがしたり、カビが気になる場合なら、早めに決断したほうが良いかも。

更に調べたところ、販売から10年以上経過するエアコンは、万一、クリーニング中に破損などがあった場合にパーツが調達できないケースもあるので、保証の対象外となることも。

内部のファンまでピカピカになると確信できるエアコンクリーニングの業者を見つける方法としては、まず、一括見積もりサイトで複数の業者から見積もりが出るので、直接、問い合わせするしかないような。

これだと近隣で業者も見つけられるし、同じ条件で安い料金で契約も出来る可能性もあるので、有効な方法だと思います。

error: 右クリックは出来ません