熱中症

救急

教育の現場で、子どもが熱中症で救急搬送される記事、増えてます・・・。

毎年、居た堪れない気持ちになります。
我が子も小学五年生なので、特に小学校の教育現場でのトラブルや事故の報道などは、敏感になっちゃいますね。

本日も愛知県豊田市の小学校で、一年生が亡くなってます。
校外学習から帰ってきて意識を失って、そのまま・・・です。

夏場の校外学習って見直ししないんでしょうか。

熱中症対策と言えば、判で押したように、

  • 水分補給
  • 日中は活動を控える
  • エアコンを活用する

程度が連呼されるばかりで、全く効果が上がってないことがわかります。

もう何年も熱中症の危険性や予防については、叫ばれているのに、学校現場は改善が進んでいません。

水分補給、授業中、許してないでしょ?
中断してでも、一口飲ませたりしてないでしょ?
学校に冷水機やウォーターサーバーを設置して水分が取れやすい環境にしてないでしょ?

ウォーターサーバー、1フロアに1台ぐらいつけてもいいはず。
手洗い場の傍にでも、水道水を引き込むタイプのウォーターサーバーを設置すれば、十分に水分補給の役割をしますよ。

水道水ウォーターサーバー設置と負担費用

更に、

体育館は快適?
教室は快適?

古い校舎ほど蒸し風呂でしょう。
勉強どころじゃないですよ。
プールの授業も廃止でいいんじゃないでしょうか。

驚いたことに、全国の公立小学校のエアコン取り付け率の低さは異常ですよ。
実際に文部科学省がデータ出してます。

かつて運動中の水分補給はダメとされた時代がありましたが、まさか、その名残が教育現場に残っていて、我慢を美徳として暑さに耐えるのも教育のひとつと考えている人でも居るんでしょうか。

今時、そんな前時代的な人は居ないと思いますが、

  • 自治体の予算が厳しくエアコン取り付けが進まない
  • 学校単位での熱中症対策が進まない裏事情がある

どちらかの理由が原因だと思います。

仮に、学校単位でエアコン取り付けの寄付を募ったり、型落ちの業務用エアコンを格安で譲ってもらえる業者を探したり、そんな努力は出来ないのでしょうかね?

自治体の予算が厳しいと嘆いても熱中症は防げないんですから、学校単位でも何とか予算を掻き集めたり、エアコン設置工事の費用を削る努力をするしか無いような気がします。

予算が潤沢な自治体と、確かに厳しい自治体もあるかも知れませんが、学校で亡くなる事故が起こるのを、指をくわえてじっとしてる事の方が、問題なのではないかなあ・・・。

職員室は快適なのにね。

子どもだけが損してる。
この状況も虐待と捉えられなければいいけどね。

error: 右クリックは出来ません